ニコンは4月14日、ミラーレスカメラ「ニコン Z 9」の最新ファームウェアVer.2.00を4月20日に公開すると発表した。
2021年10月の製品発表時に予告していた、オーバー8KのRAW動画内部記録に対応するほか、静止画撮影に利用できる「プリキャプチャ」機能などを新搭載。AF機能や操作性にも新要素が加わる。
プリキャプチャ機能は、ハイスピードフレームキャプチャ+時にシャッターを押してから最大1秒間まで遡って記録できるという機能。利用シーンの例として、「シャッターボタンを半押しした状態でバッターがボールを打った瞬間を確認してからシャッターボタンを全押ししても、バットがボールを捉える瞬間を撮影できます」としている。
また、ニコンD6に搭載されていた17種類の「グループエリアAF」を、新たに「カスタムワイドエリアAF」として搭載。静止画で20種類、動画では12種類となる。被写体検出も対応しており、被写体の手前に障害物がくるハードル走でも、AFエリアを上側に配置することでアスリートにフォーカスが合った瞬間を撮影できるとしている。
ほかにも「ファインダー優先」などの一部機能は、ニコンのデジタル一眼レフカメラと同様の操作性を実現し、一眼レフカメラから移行したユーザーにも違和感のない操作を可能にするという。
Ver.2.00の主な特徴は次の通り(引用)。
・12bit 8.3K/60p RAW動画内部記録などの動画機能が進化
・動画撮影に配慮した様々な機能を追加
・決定的瞬間をさらに確実に捉える「プリキャプチャ」を採用
・20種類の「カスタムワイドエリアAF」搭載をはじめとするAF性能強化
・その他の機能
本誌:鈴木誠

関連リンク フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 9」のファームウェアVer.2.00と「ニコン Z 7II」、「ニコン Z 6II」のファームウェア Ver.1.40を公開

関連記事

ニュース
ニコン Z 9のVer.3.00が公開。動画撮影時の「ハイレゾズーム」機能が追加など
2022年10月26日

レビュー・使いこなし
特別企画
ニコンが公式に推奨するメモリーカード、プログレードデジタル「COBALT」の魅力とは? Z 9のヘビーユーザーが解説
2022年7月9日

ニュース
ニコン Z 9の最新FWが公開。「高周波フリッカー低減」の追加、AF-C時の瞳/顔検出AF向上など
2022年7月6日

ニュース
ニコン「Z 9」「Z 7II」「Z 6II」の最新ファームウェアが公開。関連ソフトウェアも更新
2022年4月20日

ニュース
ニコン、Zシリーズ用のリモートグリップを開発発表。動画・静止画撮影に対応
2022年4月14日

ニュース
ニコン、“D6を上回る信頼性”のミラーレス・フラッグシップ機「Z 9」。70万円
2021年10月28日

レビュー・使いこなし
新製品レビュー
Nikon Z 9ファーストインプレッション
2021年12月6日

ニュース
ニコン Z 9、1月5日に最新ファームウェア公開。約20コマ/秒での連写継続時間を延長
2021年12月29日

投稿者 semorina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です