パナソニックブースは、開発発表したマイクロフォーサーズ機「LUMIX DMC-GH4」を前面に出した展示となっている。DMC-GH4のハンズオンコーナーは常に賑わっており、手にするには待ち時間を要する程だった。
 DMC-GH4は春の発売がアナウンスされているモデルで価格は未定。ミラーレスカメラで初めて4K動画撮影に対応したモデルだが、画像処理エンジンを一新したことなどで静止画の画質も向上しているという。
LUMIX DMC-GH4
DMC-GH4で撮影した4K動画と静止画をビエラに映す展示も。多くの人が足を止めていた。
DMC-GH4用の拡張インターフェースユニット「AG-YAGHG」も展示されていた。
 空間認識技術を新採用してAF速度を速めたことから、AFを試す人の姿も目立った。ハンズオンコーナーではリクエストすればさまざまなレンズで試すことができる。
 また、大口径中望遠レンズ「LEICA DG NOCTICRON(ノクチクロン)42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.」については、専用の体験コーナーを設置。LUMIX DMC-GX7に装着して女性モデルの撮影ができる。取材時はこちらも待ち行列ができていた。
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.の体験コーナーも人気
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.
 今回、会場で初披露となったのが、パリのセレクトショップ「colette」とコラボレーションした「colette×LUMIX GM」。LUMIX DMC-GM1をベースにcoletteのモチーフをちりばめた世界限定50台のモデル。発売は2月末で、現在coletteのWebサイトで予約を受け付けている。価格は取材時のレートで10万5,000円前後。
 coletteのカラーであるブルーの合皮をまとったほか、シャッターボタンとFn1ボタンをブルーにした。これはcoletteロゴにある2つのドットマークをモチーフにしたもの。
 ストロボ部は、Panasonicのロゴの代わりにcoletteのロゴを入れた。マウント部にはエディションナンバーが入る。また電源を切る際にはcoletteのロゴが表示される。パッケージには標準レンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」が付属する。レンズキャップもオリジナル品となっている。
 そのほか、コンパクトデジタルカメラの新モデルとして30倍ズーム機の「LUMIX DMC-TZ60」、20倍ズーム機の「LUMIX DMC-TZ55」、8倍ズーム機「LUMIX DMC-SZ8」を展示していた。
LUMIX DMC-TZ60
LUMIX DMC-TZ55
LUMIX DMC-SZ8
(本誌:武石修)

関連リンク colette×LUMIX GMhttp://panasonic.jp/dc/gm1/colette/

関連記事

ニュース
パナソニック、大口径中望遠レンズ「NOCTICRON 42.5mm F1.2」を正式発表
2014年1月7日

ニュース
パナソニック「LUMIX DMC-GH4」、予想を超える注文で生産追いつかず
2014年4月24日

ニュース
パナソニック、「LUMIX DMC-GH4」を4月24日に発売
2014年3月25日

ニュース
パナソニック「LUMIX DMC-GH4」説明会レポート
2014年2月7日

ニュース
パナソニック、4K動画に対応した「LUMIX DMC-GH4」を開発発表
2014年2月7日

インタビュー
LUMIX GH4の「空間認識AF」は何が凄い?
2014年5月30日

CP+2014 お役立ちリンク集
2014年2月15日

ニュース
パナソニック、UHSスピードクラス3対応SDカード
2014年3月13日

ニュース
パナソニック、EVFを内蔵した30倍ズームコンパクト「LUMIX DMC-TZ60」
2014年1月29日

ニュース
パナソニック、12倍ズームの薄型デジカメ「LUMIX DMC-SZ8」
2014年1月29日

投稿者 semorina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です